未分類

4月11日の手紙

こんにちは。4月11日午前11時12分です。

今日の東京は晴れ。多少冷ややかな空気が心地良く感じます。

ところで、突然ですがお詫びをしておかなければいけません。

前回の手紙で小説の感想や、追加の注文を

info@gaya.site

のメールに下さい、と書いていたのですが、このメールがサーバーの容量いっぱいになっていて、3月10日を最後にメールを受け付けていませんでした。

そのことに今日気が付いて、容量を幾分かあけましたので、何かあれば、メールをいただければ、受け取れる環境にはなっています。

もしかして送ったけど、行かないんだけど、ということになっていたら申し訳ありません。もう届きますので、送ってみてください。

東京では緊急事態宣言の後、蔓延防止措置という施策が行われています。

少し緩い緊急事態宣言といった感覚が、なんとなく緩さを増幅させている気がします。

ただ、僕が予想していたより、感染者数の増加は緩やかです。あっという間に1日の感染者数は1000人を超えると予想していたので、緊急事態宣言解除から20日くらいが経過していますが、今のところ500人を上回るくらいで、1000には達していません。

かといって、500人は少ない数字ではありませんので、油断はできませんが、ここまでくると、多いのか少ないのか、リスクが大きいのか小さいのか、重傷者が多いのか少ないのか、基準が曖昧になってしまいます。

ちなみに東京では最近は毎日500人くらいの感染者数ですが、重傷者は昨日の時点で累計37人です。

あまり多い少ないの個人的な感想は控えるべきですが、感染者数に対する重傷者の人数はどうでしょう?感じるところは同じなのではないでしょうか。

国や東京は大きな声では言えないのはわかりますが、であれば、軽症者がどのような治療を受けているのか、どこに入院しているのか、あるいは入院せずに自宅にいる人はどれくらいいるのかなどを公表してくれると、もっと、身近になるというか、自分が感染した時にどうなるのかが想像できると思います。

一つ寂しいのは、こんな状況なので動物園も閉鎖されているということです。

シャンシャンはこの影響で昨年中国に帰還されるはずのものが、昨年いっぱいに延び、そこから今年の3月末まで延び、さらに5月末、現在は今年の12月いっぱいまで日本に残ることになりました。

しかし、今のところ動物園自体が閉鎖されていますので、動画のみでたまに見るという状況が続いています。これは動物ファンの僕としては、寂しいというか苦しい。かといって、動物園に人が集まって動物に感染、という事態を招いてはいけませんので、ホモサピエンス種の僕としては我慢をしなければいけない場面だと思うのです。

早く、開園しないかなあ、が正直な気持ちですが。

コロナの話はこれくらいにして、今日は小説の執筆の合間に買い物に行こうと思っています。

小説も公開していないものがたまってきました。基本はショートを書き連ねていますが、短編(原稿用紙にして100枚弱のもの)が1篇と60枚くらいのものが1篇すでに完成して公開待ちの状態です。

しばらくは同じように、紙と電子書籍で発行していきますが、どこかの時点で何らかの賞を受賞できるといいなと期待しながら書いています。

また完成したら送りますね。しばらくは今の書籍で楽しんでください。

では、また会いましょう!

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です