手紙

2月17日の手紙

おはようございます。

ただいま2月17日朝8時です。

緊急事態宣言も2か月目に入り、少しずつですが1日当たりの感染者数が減っています。

前回の緊急事態宣言時と違うのは、大手デパートなどが閉店していないことや、学校が閉鎖になっていないことです。

また、本日からワクチンの接種が始まりますね。医療従事者からだということです。

この順番はとても重要みたいですね。

アメリカは軍を持つ国なので、何かあった時のためにワクチン接種の順番がきちんと決められているそうです。

ワクチンは摂取した方がいいとは思うのですが、いつくらいに自分たちまで回ってくるのでしょうか。

回ってくる頃には収まっているといいのですが。

子供たちは相変わらず、長女が通学、次男はオンライン授業が続いています。緊急事態宣言期間に入ってから状況はかわらずです。

100年前のスペイン風邪(インフルエンザ)が流行した際、収束するまでに2年かかっています。

今回も気が付くと、もう1年です。いつの間にか2年過ぎるのではないでしょうか。こんなに技術が進歩してもウィルスに対しては何もできないなんて、ロボットが人に代わって仕事をしている時代になっても、ウィルスには無力ということなんですかね。

あ、そういえば小説できましたよ。3月1日発売です。アマゾンではすでに予約が始まりました。

購入されなくてもこちらで準備しますので待っててください。

では、今から仕事にかかろうと思います。また会いましょう!

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です